節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】

上手にかけて家計も助かる

女性

多すぎず少なすぎずが基本

保険に対する多くの方のスタンスにはわりと極端な傾向がみられます。ひとつは心配なのであれもこれもと多くの保険に加入しているタイプの方です。日本人にはどちらかというとこのタイプの方が多くみられます。確かに心配なのは分かりますが、だからといって過剰に入る必要もありません。もうひとつは一切入らないというタイプの方です。日本では少ないタイプですが入らないとなると全然入らない方も結構いらっしゃいます。そのどちらも保険に関してはもったいない対応だといえます。保険は適度にはいってこそ最大の効果を発揮します。人生のアクシデントに備えて入るのが保険ですが、そうそうアクシデントが起こるわけでもありません。ですから、普段の生活もしっかり成り立たせてその上で適度な額を加入しておけばいいのです。サラリーマンをはじめとした給与所得者の方なら年末調整の時に加入している保険について書かされるのを思い出してください。日本では政府も保険に加入することをバックアップしている証拠があれです。支払金額分が控除されるので、一定の額の保険に加入することで節税対策になります。この節税額はばかになりません。なにしろ合法的なものですから節税対策として使わない手はありません。この枠を全て掛け捨てで使う必要もありません。満期保険金の積み立て額も含めることが出来ますから、例えば積み立て額を全体の8割くらいにすれば節税対策としてはかなり大きな効果が期待出来ます。学資保険なども節税対策として非常に有効ですから、お子さんがいる場合には利用を検討するといいでしょう。

Copyright© 2018 節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】 All Rights Reserved.