節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】

万一に備えられます

自転車

特約として契約します

自動車保険は広く普及していますが、自転車保険も最近では注目されています。自転車保険は自転車に乗っている時の事故で歩行者などに傷害を負わせたり、死亡させたりした場合に保険金が支払われる保険です。自転車保険は個人賠償責任保険の一つであって、基本的には自動車保険や傷害保険の特約として付保されます。通常は単独では加入できませんので、主契約と呼ばれる損害保険や自動車保険の特約として契約します。自転車保険として販売されている商品も主契約は自転車を運転中に転倒などで怪我をした場合の傷害保険であって、その特約として個人賠償責任保険が付帯しているような商品が一般的です。自転車通勤を認めている企業や自転車通学を認めている学校の中には自転車保険への加入を義務付けているところが増加しています。自転車による加害事故が増加していることと事故の際の賠償金が高額になっていることがその背景にあります。企業や学校の団体契約による保険料の割引制度なども普及しており、加入者は増加しています。自転車保険における個人賠償責任保険の保険料は年間で千円程度と廉価になっています。主契約である傷害保険などの保険料も含まれますので、自転車保険としての保険料はもう少し高くなりますが、廉価な保険料で高額な補償を得られるのが個人賠償責任保険のメリットです。自転車を運転中の事故だけではなく、日常生活全般における様々な賠償責任を補償することができます。

Copyright© 2018 節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】 All Rights Reserved.