節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】

無駄遣いのないようにする

男女

タイミングをはかろう

家計診断は定期的に行った方がいいかもしれません。というのも、自身では気づかないうちに無駄遣いをしていることがあるからです。その無駄遣いというのは、たいてい保険になります。何となく将来のことを考えて様々な保険に加入してみたものの、実際には無駄になっていたということがよくあります。それを知るためにも、一度、ファイナンシャルプランナーなどに相談をして家計診断をしてもらいましょう。そのタイミングは転職や結婚などがおすすめです。それから、30代になったらすぐにでも家計診断をしてみましょう。その理由は30代というと職場では中堅どころに入ってくる年代だからです。お給料やボーナスは20代とは違ってきていることでしょう。また、30代では結婚をしたり、子どもが産まれたりする家庭もあるはずです。置かれている環境がかなり変わってくるのが30代でもあるわけです。もちろん、中には独身の人も居ます。独身と家庭を持つ人とでは同じ30代でも家計診断内容は違ってくるはずです。当然、加入する保険の内容も違ってくることでしょう。だからこそ、適切な保険を知ることが大切です。例えば、家庭を持っている人なら家族のために生命保険や医療保険に入るものです。一方、独身なら生命保険の受取人が妻にはならないので、特に加入する必要はないでしょう。医療保険に関しても最低限のものだけを検討するといいかもしれません。このように家計診断をすることで、保険の加入し過ぎを抑えることもできます。

Copyright© 2018 節税対策として保険の加入を検討してみよう【基礎知識をチェック】 All Rights Reserved.